飛蚊症・網膜剥離 tel

飛蚊症・網膜剥離について

飛蚊症(ひぶんしょう)

飛蚊症とは、モノを見ているときに黒い虫や糸くずのような物が動いて見える状態のことです。黒い虫のような物の形や大きさはさまざまで、視線を動かすと追いかけてくるような動きをする場合が多いです。ただ、同じ場所にはなく視線を止めても動き続けるので、視線を止めれば全く動かない「暗点」とは明確に区別されます。症状が出る年齢もさまざまで、子供の頃から症状を自覚する人も少なくありません。

飛蚊症の原因

飛蚊症の原因は、生理的なものと、目の病気が原因で起こるものとに分けられます。

生理的な原因の場合

生理的な原因で起こる飛蚊症は、目の構造と密接な関係があります。
眼球の中は空洞ではなく、卵の白身のような硝子体(しょうしたい)という物質で満たされています。硝子体の成分は時とともに変化し、一部にしわのようなものが出来ます。すると、この部分が濁ってその影が網膜に映り、視野の中で黒い点のように見えるのです。
また、加齢とともに硝子体が縮んで硝子体の後ろが網膜から剥がれてしまい(硝子体剥離)、この部分が黒い点のように見えることもあります。この硝子体剥離は加齢現象であり、特に病気ではありません。

病気が原因の場合

飛蚊症を引き起こす代表的な疾患には、網膜裂孔と網膜剥離があります。その他に、裂孔と関係のない硝子体中の出血や、ぶどう膜炎という眼球内部の炎症があります。

生まれつきの飛蚊症

生理的な原因で起こる飛蚊症は、目の構造と密接な関係があります。
母体内で胎児の眼球がつくられる途中では、硝子体に血管が通っていますが、眼球が完成すると、通常この血管はなくなっていきます。しかし、生まれた後も血管の名残が硝子体に残ると、これが「濁り」となって飛蚊症の症状を覚えることがあります。
このタイプの飛蚊症は、生理的なもので健康な目にも起こる現象ですから、症状が進まない限りは、あまり気にしなくてもいいでしょう。

こんな場合は必ず眼科を受診

飛蚊症で大事なことは、その原因が生理的なものか、病気によるものかを明らかにすることです。 網膜剥離などの病気が原因の場合は、早急の治療が必要となります。次のような症状が見られるようでしたら、ぜひ眼科を受診してください。

  • 黒い点の量や範囲が急激に増えた
  • 暗い場所で突然、稲妻のような光が見える(光視症)
  • 急に視力が低下した
  • 視野の一部分が欠けている

網膜裂孔(もうまくれっこう)

網膜裂孔は、網膜の一部が引っ張られて裂けた穴が出来た状態です。網膜裂孔だけでは痛くもなく症状が出ない事も多いですが、穴が開いた際に生じた出血による飛蚊症(虫や糸くずのような小さな黒い点が見える)や、網膜が引っ張られる事によって生じる光視症(存在しない光が見える)を自覚することがあります。

網膜裂孔の原因

眼球内部は硝子体で満たされていますが、年齢とともに硝子体が萎縮していきます。この時に、網膜に弱い部分があったり、硝子体と網膜の癒着が強かったりすると、網膜に穴や裂け目が出来ることがあります。
また、近視が強いと眼球の奥行きが長くなり、網膜に薄く弱い部分が出来てしまうことがあります。この部分が萎縮するときに網膜円孔が起こり、網膜裂孔に進展してしまうことがあります。
さらに、外傷で目を強くぶつけて急激に眼球の変形が生じ、それが原因で網膜裂孔が起こることもあります。

網膜裂孔の治療

網膜裂孔を放っておくと、その周囲から網膜剥離を起こす事があるため、早めに裂孔の周囲をレーザーで固めることが必要です。裂孔の周囲をレーザーできちんと固めることが出来れば、網膜剥離に至る危険性が低くなります。

網膜剥離(もうまくはくり)

網膜剥離は、その名の通り網膜が剥がれてくる病気です。典型的なのは、加齢や外傷・体質などで網膜に穴が開き、液化した硝子体が穴の下に入り込んで徐々に網膜が剥がれる「裂孔原性網膜剥離」です。他に、糖尿病網膜症などで生じる「牽引性網膜剥離」、炎症などによって起こり網膜に穴がない「滲出性網膜剥離」などがあります。放置すれば失明の危険性があるので、早期に発見し手術などの適切な処置を行うことが必要です。
症状としては、虫や糸くずのような小さな黒い点が見える「飛蚊症」、存在しない光が走って見える「光視症」、視力低下、視野の一部が見えにくい視野欠損などが現れてきます。ただ、剥離が網膜の周辺に限局している場合は、症状が無い場合もあります。

網膜剥離の治療

網膜が一度剥がれてしまうと自然に元に戻る可能性はかなり低いので、手術して網膜をくっつける(復位させる)必要があります。眼球外部から網膜下に溜まった水を抜き、白目にシリコンで出来たバンドを縫い付けて穴をふさぐ「バックリング手術」や、眼球内部から水を抜いてレーザー等で穴をくっつける「硝子体手術」を行います。初期なら剥離した網膜の周りをレーザーで固めて拡大を防ぐ方法もありますが、効果は確実ではなく穴をふさぐ上記の手術の方が望ましいと考えられます。

こどものメガネの選び方

院長かわら版

スタッフブログ

コンタクト販売 オプトワン

Mobile携帯からもご覧になれます。

  • Topへ