白内障 tel

白内障(手術)について

白内障は、目の中でカメラのレンズの役割をしている「水晶体」が白く濁ってくる病気で、その大半は加齢によるものです。

白内障による視力低下は手術以外に改善する方法はありませんので、日常生活や仕事に不自由を感じましたら「手術」をお考えください。


白内障になる原因

白内障という病気の本体である水晶体の濁りはさまざまな原因で発生しますが、なんと言っても多いのは加齢です。

その他の原因としては、先天的なもの、外傷、アトピーによるもの、薬剤によるもの、他の目の病気(炎症など)に続いて起こるものなどが挙げられます。

正常な眼球 水晶体は透明で、光を良く通す。 白内障の眼球 水晶体が濁ってくると、光がよく通らなくなる。


白内障になると、下記のような症状が出てきます。

  • 視界がかすんで見える。
  • 以前に比べて光のまぶしさが増す。
  • どんなに矯正しても眼鏡が合わない。
  • 物がぼやけて二重、三重に見える。
  • 検診、眼鏡店などの視力検査で視力が出ない。

以上のような症状が出てきたら、一度当院までご相談ください。

白内障の手術

当院では、白内障の日帰り手術を行っております。
手術は局所麻酔で行います。手術中麻酔が効いていれば痛みはほとんどなく、意識も清明ですので医師やスタッフの声が聞こえますし、普通に会話もできリラックスした状態で手術をお受けいけただけます。

手術は顕微鏡を使用して行います。切開は約2.75mmと小さく、水晶体の濁った中身を超音波で砕いて取り出した後人工の眼内レンズを挿入します。手術時間は正味10~15分です。
眼内レンズは、取り出した水晶体に代わってピントを合わせるはたらきをします。眼内レンズは取り外しの必要もなく、一度挿入すれば半永久的に使用します。

白内障の手術手順

1

1. 点眼麻酔+注射の麻酔の後、白目と黒目の境を切開します。

2

2. 水晶体を包んでいる袋の前面(前のう)を円形に切開します。

3

3. 濁った水晶体の中心部を超音波で砕いて吸い出します

4

4. 残りの軟らかい濁り(皮質)を吸い出します。

5

5. 眼内レンズを折り畳んで挿入します。

6

6. 最初の切開創をふさいで終了します。

こどものメガネの選び方

院長かわら版

スタッフブログ

コンタクト販売 オプトワン

スタッフ募集中

Mobile携帯からもご覧になれます。

  • Topへ