駐車場27台

048-838-5000 TEL

幼児検診

幼児検診

2~3歳以降での弱視スクリーニング検査をお勧めしています

弱視とは、乳幼児期の視力の発達が妨げられることによる、片眼または両眼の視力障害で、眼鏡で矯正しても視力が出ない状態を言います。 乳幼児期から3歳まではお子さまの目の発達において重要な時期です。

特に弱視については、4歳以下で治療を開始することで90%近くで改善するといわれており、早期治療により高い効果を期待することができます。

当院ではお子さまの目の異常を早期に発見するため Welch-Allyn(ウェルチ・アレン)社製「スポット ビジョンスクリーナー」を導入しております。

【スポット ビジョンスクリーナーについて】

生後6か月から、日常生活では気づきづらい 目の異常を迅速かつ正確に調べることができます。

*検査自体は、写真をとる要領で、数秒で終わります。
*目に触れたり長時間静止したりする必要はありません。
*ひとりで座れないお子さまの場合、保護者の膝の上にだっこした状態でも可能です
*スクリーニングは機器の性質上、少し暗い場所で行います

スポット ビジョンスクリーナー

【測定内容】

近視/遠視/乱視/斜視
不同視(近視・遠視などの左右の目の度数差が大きいこと)
瞳孔不同(左右で瞳孔の大きさが違う状態)

測定内容

【予約について】

予約はとくに必要はありません

詳しくはこちらへ

<結果サンプル>

結果サンプル