花粉症 tel

花粉症とは

現在の統計では、今や花粉症は日本人の5人に1人と言われ、もはや“国民病”とも言われています。原因は食生活や住環境の変化によりアレルギー体質の人が増加していることや、大気汚染(ディーゼルエンジンの排気ガス)などさまざまな要因が考えられていますが、基本的には戦後植林したスギ林の樹齢が30年を超えて花粉の量が著しく多くなっていることが大きな原因と見られています。
花粉症とはアレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎の一種で、植物の花粉が原因となって、目のかゆみ・異物感・充血・涙・立て続けのくしゃみ・鼻水・鼻づまり、などの症状を引き起こすものです。
スギやヒノキの花粉がよく知られていますが、これら以外にもアレルギーを引き起こす植物には、カモガヤ、イネ、ブタクサ、ヨモギほか、たくさんの種類があります。
症状からだけでは、他の物質によるアレルギー(ホコリ・ダニ・動物の毛など)との区別は難しく、確定診断するためには血液検査などでアレルギーの原因となってる物質(アレルゲン)を特定する必要があります。

花粉症の原因などの主要8項目のアレルギー検査を行っております。 詳細はこちらから

花粉症の治療法

化学伝達物質(ケミカルメディエーター)遊離抑制点眼薬

アレルギー反応は、その原因であるアレルギーを引き起こす物質(アレルゲン)がマスト細胞という細胞と結合して、かゆみなどを引き起こすヒスタミンなどの化学伝達物質を放出することが原因で起こります。化学伝達物質遊離抑制薬は、このマスト細胞がヒスタミンなどの物質を出さないように抑制する薬です。
即効性はあまりありませんので、アレルギー症状が始まる前から使うとより効果的です。

抗ヒスタミン点眼薬(ヒスタミン受容体拮抗薬、H1ブロッカー)

出てしまったかゆみの原因物質(ヒスタミン)を抑制し、症状を緩和するための薬です。
上記の作用だけの点眼薬に比べある程度即効性があるとされ、すでにかゆみが始まってる場合はこちらの作用を合わせもつ点眼薬の方が早く効く可能性が高いと考えられます。

ステロイド点眼薬

上記2つのいわゆる抗アレルギー点眼薬より強い抗炎症作用があり、花粉症のピーク時にはこのステロイド点眼薬も併用しないと症状緩和が難しい事が多いです。
眼圧上昇、細菌などの感染症誘発、眼球表面の傷が治りにくくなるなどの副作用もありますが、2週間程度の短期使用では問題になることは少ないです。

内服薬

抗アレルギー薬の内服薬も効果的です。症状が出る前に使うと、予防効果もあります。

セルフケア

花粉が多く飛散している日には外出を避ける、ゴーグルやマスクで防ぐといった対処も効果的です。※院内でのゴーグル販売も行っております。
また、シーズン中は酒量を控えるなどの体調管理にも気を配ることが大切です。

初期療法について

花粉が飛び始める時期は毎年だいたい一定しているので、その季節に先がけて症状が出る前に抗アレルギー薬の飲み薬を服用したり、点眼薬や点鼻薬を使用したりすることで症状がコントロールされ、強い薬を使わずに済んだりトータルでの薬の量が減らせるとされています。これを花粉症の初期療法と言います。
スギ花粉の場合は、2月中旬から花粉が飛び始めるため、1ヶ月前〜最低でも2週間前の2月初旬までに予備点眼を開始することで症状が軽減する可能性があります。 花粉症のピーク時は、外来の混雑により余裕を持った診察が受けられない事も多く、毎年、あるいはほぼ毎年症状が出る方は、症状が強くなる少なくとも2週間前までの来院をお勧めします。

こどものメガネの選び方

院長かわら版

スタッフブログ

コンタクト販売 オプトワン

スタッフ募集中

Mobile携帯からもご覧になれます。

  • Topへ