緑内障 tel

緑内障について

眼圧とは

人間の眼の中には房水という透明な液体がいつも流れていて、角膜や水晶体をきれいにしたり、栄養を与えたりしています。眼圧とは眼内液の圧力のことで、その圧力がほぼ一定なのはこの房水のバランスがうまく保たれているからです。房水の流れが悪くなって溜まってくると、眼圧は高くなります。

緑内障とは

眼圧や何らかの原因により視神経が障害を受けると、その部分に担当する視覚情報が脳に伝わらず、視野が欠けたり狭くなったりします。これが緑内障です。眼圧が高いと生じやすいですが、日本人は眼圧が正常範囲で緑内障になる「正常眼圧緑内障」が大多数を占めてます。
消失した視野は基本的に回復することはありませんが、生涯良好な視機能を保てるよう治療および経過観察が必要です。

気づきにくい緑内障

病気には自覚症状がある事が多いですが、慢性の緑内障の場合は眼が痛いといった症状なども無く、初期の段階で自分で気づくことはほとんどありません。症例の多くは視野が鼻側(内側)から少しずつ欠けていくので気づきにくく、「視野が欠けたように感じる、視野が狭くなっている。」という症状を自覚する頃には、かなりの視野が消失している場合が多いです。40歳を過ぎたら定期的な検査が勧められます。

例)右目での見え方


緑内障の治療

薬により眼圧を降下

まずは、点眼薬で眼圧を下げます。急性緑内障ではレーザーか手術が第一選択ですが、慢性緑内障で視野障害が進行していない場合は点眼による治療を行います。
緑内障のタイプや眼圧値、視野障害の重症度によって2~3種類を併用することもあります。
急性緑内障の場合や薬物療法(点眼薬や内服薬)での眼圧降下が不十分な場合は、レーザー治療や手術を行います。
残念ながら、現在のところ緑内障を治す治療法はありません。いずれの治療も進行を遅らすことを目的としています。

レーザー治療

レーザーで虹彩(茶目)に穴を開け、急性緑内障発作の予防をします(レーザー虹彩切開)。また、房水の流出路である線維柱帯という所にレーザーをあてて房水の流出を促進し、眼圧を下げる方法もあります。比較的安全で痛みも無く、日帰りで治療が出来ます。

手術 その他

房水の流れを妨げている部分を切開し、眼外への新たな流路を作って眼圧を下げるという方法が主流です。重症例では、房水を産生している毛様体というところを特殊なレーザーや冷凍凝固などで破壊するという方法があります。

こどものメガネの選び方

院長かわら版

スタッフブログ

コンタクト販売 オプトワン

スタッフ募集中

Mobile携帯からもご覧になれます。

  • Topへ