TEL:048-838-5000 駐車場27台
instagram Instagram
駐車場27台

048-838-5000 TEL

SLT(選択的レーザー線維柱帯形成術)

緑内障外来についてはこちら≫

当院では、点眼のみで緑内障の進行が防げない方、充血等の点眼薬の副作用で点眼治療の継続が難しい方、点眼を忘れてしまう方に、外来で簡単におこなえて痛みもない最新治療であるSLT(選択的レーザー線維柱帯形成術)を導入いたしました。
点眼1種類分の眼圧低下の効果があるので、点眼を1種類減らすことができます。効果がなくなってきたら再度レーザー治療をうけることができます。

■SLT(選択的レーザー線維柱帯形成術)とは

緑内障の原因の一つは、眼内の水(房水)の出口である線維柱帯(網の目のフィルターのような組織)がつまり、房水の排泄が悪くなり高眼圧になることです。この線維柱帯で流出の抵抗となっている色素細胞をSLTレーザーで処理し、房水の流出を改善し眼圧を下げるものです。

手術前

手術前

手術法

手術法

手術後

手術後

■SLT(選択的レーザー線維柱帯形成術)をオススメしたい方

眼圧が高い方だけでなく、眼圧が高くない正常眼圧緑内障の方も対象です。眼圧が正常範囲内でも視野が悪化してしまう場合には、さらに眼圧を下げる必要があるためです。SLTには副作用がほとんどなく、様々な人にSLTによる治療が可能であり、ときには点眼治療を開始する前に初期治療として行われる場合もあります。

このような方におススメです

  1. 点眼薬の種類が多い方
  2. 緑内障点眼薬の副作用で困っている方
  3. 妊娠・授乳中で点眼治療ができない女性の方
  4. 正常眼圧緑内障でも眼圧を下げる必要がある方
  5. 点眼を忘れてしまうことが多い方、毎日点眼することがつらい方

※眼圧下降効果が薄れた場合は再びレーザー治療を行うことも可能です(回数に限りあり)。


■SLTレーザー治療の流れ

当日の眼圧測定・角膜内皮細胞測定後に、一過性眼圧上昇を抑える「アイオピジン」を点眼
30分待機
レーザー治療 10~15分
再度「アイオピジン」を点眼
※治療中・治療後の痛みはほぼありません
30分待機
治療30分経過後の眼圧測定、診察して終了
※1~2日間は少しぼやけて見えることがあります
翌日、再来院

*治療時間は10~15分程度です
*痛みはほとんどありません
*副作用は手術に比べるとほとんどありません
*日帰りの外来治療(入院不要)です


■SLT(選択的レーザー線維柱帯形成術)の効果

SLTの効果は約1~2ヵ月後に安定してきます。眼圧下降幅は約2~6㎜Hgとされ、眼圧下降が成功するのは約60~80%です。また眼圧が高ければ高いほど効果があり、10mmHg以上低下する場合もあります。一般的にこの効果は2~3年続きます。
うまく奏功すれば点眼薬ほぼ1種類分の効果があるので、1本使用している方は1回のレーザー治療で2~3年点眼をせずに様子を見ることができます。


■費用
保険適用となります

[片眼]

1割負担の方 約10,000円
3割負担の方 約30,000円
※70歳以上の方 両眼 18,000円(高額療養費適用のため)

*ご加入の生命保険「手術給付金」から治療費が支払われる可能性があります。
保険会社にお問い合わせの際に下記の治療名をお伝え下さい。
隅角光凝固術(SLTレーザー治療)コード:K273

SLT(選択的レーザー線維柱帯形成術)とは

緑内障の原因の一つは、眼内の水(房水)の出口である線維柱帯(網の目のフィルターのような組織)がつまり、房水の排泄が悪くなり高眼圧になることです。この線維柱帯で流出の抵抗となっている色素細胞をSLTレーザーで処理し、房水の流出を改善し眼圧を下げるものです。

手術前

手術前

手術法

手術法

手術後

手術後

SLT(選択的レーザー線維柱帯形成術)をオススメしたい方

眼圧が高い方だけでなく、眼圧が高くない正常眼圧緑内障の方も対象です。眼圧が正常範囲内でも視野が悪化してしまう場合には、さらに眼圧を下げる必要があるためです。SLTには副作用がほとんどなく、様々な人にSLTによる治療が可能であり、ときには点眼治療を開始する前に初期治療として行われる場合もあります。

このような方におススメです

  1. 点眼薬の種類が多い方
  2. 緑内障点眼薬の副作用で困っている方
  3. 妊娠・授乳中で点眼治療ができない女性の方
  4. 正常眼圧緑内障でも眼圧を下げる必要がある方
  5. 点眼を忘れてしまうことが多い方、毎日点眼することがつらい方

※眼圧下降効果が薄れた場合は再びレーザー治療を行うことも可能です(回数に限りあり)。

SLTレーザー治療の流れ

当日の眼圧測定・角膜内皮細胞測定後に、一過性眼圧上昇を抑える「アイオピジン」を点眼
30分待機
レーザー治療 10~15分
再度「アイオピジン」を点眼
※治療中・治療後の痛みはほぼありません
30分待機
治療30分経過後の眼圧測定、診察して終了
※1~2日間は少しぼやけて見えることがあります
翌日、再来院

*治療時間は10~15分程度です
*痛みはほとんどありません
*副作用は手術に比べるとほとんどありません
*日帰りの外来治療(入院不要)です

SLT(選択的レーザー線維柱帯形成術)の効果

SLTの効果は約1~2ヵ月後に安定してきます。眼圧下降幅は約2~6㎜Hgとされ、眼圧下降が成功するのは約60~80%です。また眼圧が高ければ高いほど効果があり、10mmHg以上低下する場合もあります。一般的にこの効果は2~3年続きます。
うまく奏功すれば点眼薬ほぼ1種類分の効果があるので、1本使用している方は1回のレーザー治療で2~3年点眼をせずに様子を見ることができます。

費用

保険適用となります

[片眼]

1割負担の方 約10,000円
3割負担の方 約30,000円
※70歳以上の方 両眼 18,000円(高額療養費適用のため)

*ご加入の生命保険「手術給付金」から治療費が支払われる可能性があります。
保険会社にお問い合わせの際に下記の治療名をお伝え下さい。
隅角光凝固術(SLTレーザー治療)コード:K273